\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

邦画

嫌な女を配信!好きな時に見放題!

更新日:

嫌な女のストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

昭和53年、弁護士になったばかりの石田徹子(演:吉田羊)のところに、長い間会っていなかった従妹の夏子(演:木村佳乃)かあら、弁護依頼が舞い込みます。

夏子は、元恋人から婚約破棄で慰謝料請求をされ訴えられそうだから、説得して欲しいと徹子に頼みます。
とはいえ、徹子は昔から夏子のことが嫌いでした。
それもありこの依頼に乗り気ではなかったものの、弁護士としての初仕事であることや、弱い立場の人を助けるという信念から、夏子の依頼を引き受けます。

徹子が元恋人から話を聞いたところ、元恋人名義のマンションを夏子の名義にしようとしたところ、それが失敗した途端に婚約破棄をされたといわれ、夏子との言い分とは食い違うことから、夏子の婚約詐欺を疑います。

夏子は、心の中の事など誰にもバレないだろうと開き直ります。
徹子は、夏子の元恋人を何とか説得しますが、夏子は依頼料を支払わず消えてしまいますが、これ以来、徹子の弁護士人生が波乱のものに・・・

この作品は、女優の黒木瞳さんの初監督作品です。
また、吉田羊さんの映画初主演作品でもあり、木村佳乃さんとのWキャストで話題を呼びました。

吉田羊さん演じる弁護士の石田徹子が、弁護士として奮闘する姿が見どころといえますが、姿を消した夏子の動向など、展開がどう進んでいくのか。
監督は黒木瞳さん、”女”がメガホンを取ったということで、女から見た「女の嫌な部分」も存分に楽しめる作品です。

上映日:2016年6月25日
監督:黒木瞳

出演者:吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、佐々木希、袴田吉彦、田中麗奈、織本順吉、寺田農、ラサール石井、長島暎子、高田敏江、テット・ワダ

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

ここからは、ネタバレを含みます。

昭和53年、新米弁護士の石田徹子(演:吉田羊)は、長い間会っていなかった従妹の夏子(演:木村佳乃)と再会します。
夏子は、婚約破棄で元恋人から慰謝料請求をされそうなので相手を説得して「欲しいといいます。
徹子は、昔から夏子のことが嫌いでしたが、弁護士としての初仕事であることや、弱い者を助ける信念から夏子の依頼を引き受けますが、夏子の元恋人から話を聞いたところ、「自分名義のマンションを夏子名義にしようとして失敗し、その途端に婚約破棄した」という言葉が返ってきたのです。

夏子の言い分と違うことから、夏子が結婚詐欺をしようとしたのではと、徹子は疑います。
徹子は、夏子の元恋人を何とか説得、しかし夏子は、心の中のことなど誰にもバレないと開き直り、徹子に弁護士費用を支払わないままどこかへ消えてしまいました。
この夏子との出来事以来、徹子の弁護士人生は波乱の幕を開けます。

徹子は、夏子と再会してから不運が続きます。
もう夏子には関わらないと決めた徹子でしたが、再び目の前に夏子が現れます。
徹子は、仕事もプライベートも順調に過ごしていた・・・はずが、何か物足りない・満たされないといった日が続いて、仕事の情熱を失いつつある日々を送っていました。

仕事も続けてミスをしてしまい、所長(演:ラサール石井)に怒られては、事務員のみゆき(演:長島暎子)に慰められる日々かと思えば、夫(演:テッド・ワダ)に離婚話を切り出されたりと、夏子との一件以来悪いことばかり続いていることを実感します。

そんな日々を過ごした数年後、再び夏子が現れます。
今回は、「トラブルに巻き込まれたから助けて欲しい」といいます。
数年前の一件以来不運が続いた徹子は、その以来をきっぱり断りますが、所長が新人弁護士にその以来を担当させると言い出します。
徹子は、新人弁護士の磯崎の教育係であることから、再び夏子と関わらなければならなくなってしまいます。

夏子と関わり合いたくない徹子ですが、一件解決してはまた夏子がトラブルを抱えてやってくる・・・その度に徹子が尻ぬぐいをさせられていきます。
夏子は、結婚詐欺しや保険金詐欺を繰り返し、30代には遺産目当ての介護や絵画の売買、40代にはお布施の一部を奪ったり、50代には生鮮食品を売りつける詐欺を、そして60代でさすがに落ち着くかと思いきや、今度は他人から預かったペットを無断で交配させたかと思いきや、なんと70代で婚活手切れ金詐欺・・・何とも開いた口が塞がらないとはこのことかと言わんばかりに、詐欺などを繰り返してきたのです。

しかし、それらの夏子の悪事に騙された男達の反応は、何とも以外なもの。
騙されたにも関わらず、男達は夏子に感謝していたのです。

「夏子といると、自分自身に希望が見えてくる。」

男達は、夏子を法で裁きたいのかと思いきや”もう一度夏子に会えるから”という理由で訴えを起こしていたのでした。
徹子が考えていたこととは真逆な反応に、奇妙だと思いつつも、堅物な徹子にはそれらの反応がとても新鮮でした。

夏子のような、よく言えば自由奔放、悪く言えば人を巻き込む悪事をするような女ですら、感謝されるのだと知った徹子は、これまで否定的な存在だった夏子を、徐々に受け入れられるようになっていきます。

「嫌な女」は、当初は監督の黒木瞳自身が主演として出演する予定でしたが、映画を撮影するにあたり、監督の選考が非常に難航。
最終的に、黒木瞳自身が監督を務めることになりました。

この作品は、一見、徹子が夏子に振り回されてキレるといった感じにみえますが、徹子は段々と夏子を理解していき、最終的に受け入れることが出来るようになります。

最初は、徹子が夏子に嫌な思いをさせられるのかなと思っていましたが、徹子自身も人間として成長していくほか、毛嫌いしていた夏子を徐々に理解していき、友情のようなものが芽生える、何とも不思議なようで、実は誰にでもある状況を描いたコメディー映画です。

笑いあり、涙ありので、人生は上手くいかないことが続いたり、想像していたものとは違うことが起きる・・・そんな連続です。
それらは、無駄な時間だったと後悔するよりも、人として成長するのに必要な経験であるともいえる、つまり「考え方次第でどうにでも変わる」という、生きることの面白さが垣間見れる作品です。

嫌な女の動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス 配信中
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME 配信中
Amazonプライムビデオ 配信中

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.