\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

邦画

密のあわれの動画配信が見放題!

投稿日:

密のあわれのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

石井岳龍監督がメガホンを取り撮影された、室生犀星の幻想小説を映画化した「密のあわれ」。
主演に二階堂ふみを迎え、艶やかな恋物語を彩ります。
無邪気なのにどこか艶と色気のある振る舞いをみせる赤子を見事に演じているのはもちろん、哀愁のただよう大杉漣など、個性派俳優たちが醸し出す世界観も見どころです。

一緒に住む老作家を『おじさま』と呼び、自分のことを『あたい』と名乗る赤い服を着た少女「赤子」。
赤子の正体は、人間に姿を変えた真っ赤な色をした金魚でした。
赤子の正体を知るのは、赤子本人と、金魚売りの男だけ。
そんな金魚の元に、幽霊のゆり子が現れます。

周囲がそっと見守るなかで、ある事件が・・・

上映日:2016年4月1日

出演者:二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、韓英恵、上田耕一、渋川清彦、岩井堂聖子、高良健吾、永瀬正敏 ほか

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

ここからは、ネタバレを含みます。

同居する老人の作家を『おじさま』と呼び、自分のことを『あたい』と名乗る赤い服を着た少女「赤子」。
赤子の正体は、人間に姿を変えた真っ赤な金魚。
その事実を知るのは、赤子本人と金魚売の男だけでした。
ある日、そんな赤子の元に、幽霊のゆり子が現れます。

時は流れ、ゆり子は、赤子が自分のことを『あたい』と呼ばなくなったことに気付きます。
赤子は「だって母になるんですもの」と答えます。

赤子は、老作家にゆり子を合わせようとしますが、そんな女は存在しないと言われてしまいますが、赤子はそれをなかなか理解することが出来ません。

実はゆり子という人物は、老作家の書いた原稿の中に出てくる登場人物の「田中ゆり子」でした。
赤子は、それを読んだことで幽霊の幻想を作り上げてしまったという訳です。

「人間はね、頭の中で作り出した女と連れ立っている場合があるんだよ」

と、老作家は言いますが、最後に「特に作家はね」という言葉を付け足しました。
赤子は、ゆり子を追いかけようとしますが、老作家がそれを止めます。
君ははらんだ責任を全うしたまえ・・・そう言われた赤子でしたが、ゆり子を追って外に出てしまいます。

赤子は、荷造りをして老作家の元を去ろうとしますが、老作家はそれを許さず、赤子にすがり尻に嚙みつきました。
そんな老作家を蹴る赤子。
咳こむ老作家に、

「勝手にくたばれ!私は生きる!」

と言葉をぶつけますが、老作家は号泣します。
ひとりにしないでくれと言い、赤子に自分の病のことを話しますが、それでも赤子は老作家の元を去ってしまいました。

やがて、金魚売の男が老作家のところへやってきて、金魚の死体を見せました。

子供が石ころみたいに蹴飛ばしていたと話す金魚売り。
4丁目の橋のところで拾ったのだそう。
見つけたときはまだ息があったものの、結局死んでしまったのだと。
しかし金魚売りの男は、そのときに不思議なものを見たといいます。
老作家は「ねんごろに弔います」といい、死んでしまった金魚を手に乗せて部屋の置くに行く、水だけの空っぽの金魚鉢を見て号泣するのでした。

やがて、お手伝いに声を掛けられた老作家は、身支度を始めようと立ち上がろうとしたそのとき、仰向けになって倒れてしまいます。
そのとき、赤く輝く光の中に、

「おじさま、いつまでサボっていらっしゃるの?」

という赤子の声を確かに聴きました。
赤子は、両手で老作家の頬を優しく包むと、人を好きになるのは楽しいことだと笑い、踊りだし、ついには老作家も一緒に踊り続けて終わります。
老作家は、仰向けに倒れた際に死んでしまったのではと推測します。

非常に完成度が高いと感じる「密のあわれ」は、二階堂ふみさんならではの赤子の幻想的な雰囲気に、非常に目を奪われる作品です。

密のあわれの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME
Amazonプライムビデオ 配信中

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.