\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

邦画

湯を沸かすほどの熱い愛の動画配信が見放題!

投稿日:

湯を沸かすほどの熱い愛のストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

銭湯を経営している「幸野家」。
1年前の父親が出奔して以来、銭湯の営業は休業の状態に。
母「双葉」は、持ち前の明るさを武器に、パートをして娘を育てていましたが、そんなある日、「余命2ヶ月」という余命宣告をされてしまいます。
双葉は、「死ぬまでにすべきこと」を決めて、それをひとつずつ実行し現実のものとしていきます。
双葉の「死ぬまでにすべきこと」で、家族の絆が深まっていき・・・

第40回日本アカデミー賞で、優秀作品賞受賞、母親「双葉」を演じた宮沢りえさんは最優秀主演女優賞を受賞するなど、全5部門を受賞した話題の作品。
また、若手女優の杉咲花さんが演じる、死に直面した家族の心情を、言葉や表情で表現している演技も見どころです。

上映日:2016年10月29日

出演者:宮沢りえ、杉咲花、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー ほか

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

新人の監督さんが、一作目でなおかつオリジナル作品を撮って日本アカデミー賞を受賞するという、満足度が半端ない作品です。
監督が新人となると、キャストもそれなりの人が集まりがちですが、宮沢りえさんやオダギリジョーさん、話題の若手女優の杉咲花さんなど、豪華キャストが勢ぞろいしたのも納得できます。
映画館で観れた人の中には、「久しぶりに満足できる作品が観られた」と感じた人も多いのでしゃないでしょうか。

余命僅かな母親双葉が、病と闘いながら子供達を育てていく・・・一見、ある意味ありがちな設定でありながら、ただ病魔と戦って消えていくといったベタなものではなく、残り僅かだからこそ、この先残してしまわねばならない家族に惜しみない愛情が注げる、そんな母親特有の大きな愛情に涙する、愛に溢れるヒューマンドラマといえます。

「湯気の如く店主が蒸発しました。当分の間、お湯は沸きません。」

映画の冒頭からこのインパクト。
何も情報がないまま観始めると、コメディなのかなと想像してしまいそうな印象もありますが、涙なくしては見られません。
「ただ泣けるだけの映画」などではなく、泣かせっぱなしでは終わらない、涙あり、笑いあり、見ていてほっこりする・・・そんな、喜怒哀楽がしっかりまんべんなく含まれています。

残された余命の中で色んな部分に伏線を貼ることによって、次第に明かされていく「秘密」にハッとさせられ、作品に魅了されていくうちに、双葉の母親としての偉大さやその存在が、見ている人の中でも大きくなっていきます。
作品の中の加須族も、そんな双葉の愛情に心打たれ、たくましく成長していきます。
この作品を通して、母親の偉大さや、死んで欲しくない、もっと生きて欲しいという気持ちも芽生える中で、双葉の死をどう受け入れて見送るのか・・・ラストシーンはどんな涙溢れる終わり方になるのか・・・っていうところであのタイトルがバーン!!と現れます。

タイトルは「湯を沸かすほどの熱い愛」ですが、この作品を観ることによってそのタイトルの意味が分かります。
インパクトだけの変わったタイトルというのは、小説などの作品でよく見かけますが、「湯を沸かすほどの熱い愛」は、ちゃんと意味があってつけられています。

作品では、母親の双葉を筆頭に、出てくる登場人物の設定がしっかりしているのも、作品が中だるみしないポイントかもしれません。
家族に弱いところを見せないお母さん、優しすぎるのが弱点のお父さん、その親の血を受け継いだ安澄、孤独を抱えた鮎子、行先が分からない拓海、妻が死んだ事実を娘に明かせない探偵。
これらの人物設定がぼやけることなくしっかり表現されているので、より人間模様が伝わってきやすい作品です。

泣かせるエピソードがふんだんに織り交ぜられているのに、泣かせたままで終わらせない工夫もまた見どころです。
泣けるし心の奥から感じるものがあるものの、湿っぽい悲しいお話として終わらないので、泣きながら笑ってしまうような、見た後に満足さが感じられます。

普段あまり邦画やヒューマンドラマを見ない人も、楽しめる作品かもしれません。
映画となると特に、セリフが説明的になってしまい、それで中だるみしたり違和感を感じることもありますが、「湯を沸かすほどの熱い愛」は、それを画で理解できます。
冒頭から登場する娘の下着(洗濯物)ですが、年頃の娘さんですが干されている下着が「白い肌着」のような下着。
これは、まだその程度の下着を付けるような年齢であるということが見て取れます。
中学生なのに大人のような下着をつけている人もいるでしょうか、母親の双葉が「分相応」ということをしているのも分かります。

安澄は学校でいじめられていることに悩んでいますが、そんな娘を励まそうとして、安澄が好きな「水色」の下着を双葉が送るシーンがありますが、こういうのもまた、母親ならではの行動。
仮に、父子家庭のお父さんであっても、さすがに娘に下着をプレゼントするということは出来ないでしょう。

ただ、双葉の場合は、「ここぞと勝負する時に着けなさい」といってプレゼントするのがユニーク。
しかも安澄が出る「勝負」もまたユニークです。
その勝負に勝った安澄を抱きしめる双葉に、安澄は、

おかあちゃんの遺伝子が少しだけあった

と、いじめられるばかりの弱い自分の中にも母親がもつ強さがあったと気付けたのです。
安澄が歩いていると、言葉を話せない女性が手話を使って通りすがりの人に話しかけていますが、周りが理解できないのに安澄がなぜか手話を理解できます。
このような、安澄の行動も物語の伏線になっています。
というよりも登場人物の行動が全ての伏線になっているので、きちんと話が繋がっていて設定がしっかりしています。

湯を沸かすほどの熱い愛の動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME
Amazonプライムビデオ

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.