\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

邦画

デスノート the Last nameの動画配信が見放題!

投稿日:

デスノート the Last nameのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

新たな死神「レム」の登場によって、地上にもう一冊の「デスノート」が。
もう一冊のデスノートを手にしたのは、キラを崇拝しているアイドルの弥海砂。
「第二のキラ」になった海砂は、ある特殊な能力を手に入れていた。
そして、自らキラに協力すると申し出るのである。
その能力を知った月は、Lを追い詰めることが出来る最強の能力だと信じていたのですが・・・

新たなデスノートと共に後編がスタート。
更なる衝撃と無差別な犯罪者への殺人を止めることは出来るのか。

上映日:2006年11月3日

出演者:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、マギー、上原さくら、満島ひかり、五大路子、中村育二、青山草太、清水伸、奥田達士、小松みゆき、前田愛、板尾創路、津川雅彦、中村獅童(死神リューク声の出演)、池畑慎之介(死神レム声の出演)、藤村俊二、鹿賀丈史 ほか

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

ストーカーのADに殺されかけていたアイドルのミサ。
もうダメかと思った瞬間、突然ADが心臓発作を起こしその場で死亡してしまう。
その時、ミサの前に一冊の黒いノートが降ってきた。
ミサは過去に、強盗によって自分以外の家族が全員殺害された強盗殺人事件の被害者遺族。
実は、死神の世界にいる「ジェラス」という死神によって、ミサはずっと見守られており、そのジェラスがミサの命を救おうと、デスノートに名前を書き、自ら灰となって消え去った代わりに、ミサの命が救われたのでした。

空から落ちてきたデスノートは、死神ジェラスのものでしたが、それをミサが手にした瞬間、目の前に別の死神「レム」が。
レムは、ジェラスの最期の願いとして、ミサを守るよう頼まれていたのでした。

やがて、第二のキラとして裁きを始めるミサでしたが、やはり派手にやり過ぎたのか、デスノート対策本部に目を付けられてしまい、ミサは警察によって監禁されてしまいました。
その間、ミサはデスノートの秘密を守ろうと、必死に警察に抵抗。
食事も口にせず、女性刑事の「このままじゃ死んでしまいます」という言葉に戸惑い始めた捜査本部の刑事たちでしたが、ここでミサにデスノートの権利を放棄させたため、ミサはデスノートを手にしてからの記憶の一切を消滅します。
また、月も自ら監禁されデスノートの所有権を放棄し記憶を消滅、その甲斐あって2人は監禁から解放されますが、次に現れたのは「第三のキラ」。

記憶をなくしたままの月は、「キラ対策本部」でLと共にキラを探し出す方法を考えていました。
第三のキラは、キラから託されたデスノートを使って次々に犯罪者を裁いていきますが、その方法がキラと酷似していることに気付いた月。
やがて、第三のキラは女性、サクラテレビの関係者であることを突き止めます。

次に疑いをかけられたのは、サクラテレビのアナウンサー「高田」。
家中に隠しカメラを設置されていることを知らない高田は、仕事から帰るなり、いつものようにデスノートに犯罪者の名前を書き始める。
監視カメラで確認できたノートの左側のページに書かれている人物たちは既に心臓麻痺で死亡しており、高田が第三のキラであることはほぼ確定しているものの、現段階では言い逃れが出来る状況であると判断し、泳がせることに。

すると、高田が昨晩ノートに名前を書いた犯罪者たちが死亡。
ここで高田が第三のキラであることが確定する。
高田とコンタクトを取るために、

「あなたがキラであることを知っている。全ては黒いノートに書かれている。盗撮テープを500万円で買って欲しい。」

といった電話を掛ける。
そして高田は、電話の主だと名乗る男と会い、名刺と口座番号を書いた紙を渡されるが、その夜に放送されるテレビ番組で高田のことと盗撮テープを公開するというテレビを見た高田は焦りますが、実はこの番組は、高田を逮捕するためのニセ番組でした。

そうとは知らない高田は、その男の名前と志望方法を記入。
しかし、名刺の名前は偽名であるため、時間が過ぎても男は死にません。
高田はレムに「死神の目をちょうだい」といい、その能力を手に入れてテレビ局に向かいますが、収録場所とされるスタジオには誰もいません。
その瞬間、高田は警察官によって取り囲まれ、一瞬にして目隠しをされ後ろでに手錠を掛けられてしまいます。

そして、傍らに落ちていたデスノートを手にした総一郎の目の前に現れたのは、死神のレムでした。
総一郎は驚きます、他の捜査官も驚きます。
そして、月もLも死神を目にして驚きますが、

「ノートを手にしている間に前の所有者を殺せば、ノートの所有権は自分に渡り記憶は消えない」

というデスノートの規約の通り、デスノートに触れて記憶が戻った月は、みんながレムに気を取られている間に、時計に仕込んでいた切れ端に高田の名前を書いてその場で殺害。
月は再び、デスノートの所有権を手にしてキラに戻ったのでした。

場所は変わってキラ対策本部。
レムに全ての謎を問いかけるLでしたが、レムはその質問に答えようとしません。
しかし、デスノートに書いてあるルールは本物なのかという問いには「全て本物だ」と答えます。
そのことで、月とミサはキラではないことが証明され解放されますが、月は捜査本部に残りLを手伝いたいと申し出たため、ミサだけが解放されます。

ミサを出口まで送った際にキスを交わし抱き合う恋人同士の月とミサ。
それを見たワタリは、照れながら2人に背中を向けました。
その隙に月はミサに、隠しておいたデスノートを掘りおこしてきて欲しいとお願いします。
言いつけ通り森にやってきたミサですが、月に言われた通りの場所を掘り起こすとデスノートが。
そのノートを手にしたミサは、これまでの記憶を全て取り戻し興奮するのでした。

そこに現れたのは、死神のリューク。
ミサは再び、デスノートの所有者になりますが、以前のデスノートの所有権を放棄した影響で死神の目の能力は消えていました。
ミサは、月のために残りの半分の寿命を投げだして再び死神の目の能力を手に入れます。

ミサを解放したことでまた犯罪者が死亡する殺人事件が起き始めたことで、Lはデスノートに掛かれているルールに疑問を抱き始めます。
Lは、真相を調べるため、FBIに連絡し、死刑が確定している囚人が「13日ルール」で実際に死亡するかどうかを試すべきだと提案します。
月は、13日ルールは自分が書き足した偽ルールだと知っているために焦り、アメリカのFBIにデスノートを持っていくという総一郎に自分も同行すると申し出ますが、Lと2人で捜査本部で待つよう指示されてしまいました。

捜査本部で2人残された月とL。
特に交わす会話もなく時間を過ごしているとLが、「もうすぐミサがここに来る」と言い、自分の素顔を見せてミサがデスノートに名前を書く瞬間に取り押さえると言いました。

Lのいう通り、ワタリに連れられたミサが捜査本部へやってきますが、そこでワタリが心臓発作で倒れて死亡。
ミサの寿命が減っていることを知った死神のレムは、月の策略に自分が使われてしまっていたことに気付き、悪魔が人間に騙されるとは・・・と絶望してしまいます。
しかし、実はレムは心優しい死神。
ジェラスとの約束や、ミサの寿命を延ばそうと、デスノートにワタリとLの名前を書き、ジェラス同様に灰になってデスノートと共に消滅してしまい、やがてLも心臓を抑えながら床に倒れ込んで死亡。

ミサが持ってきたリュークのデスノートに、新世界を築こうと、自ら自分の実の父親である夜神総一郎の名前を書き始める月。
それを見たミサは嘆きますが、月はそんなミサを怒鳴ります。
強盗を家族に殺された被害者遺族であるミサは、とても悲しそうにその姿を見ていました。

しかし、ここまでの出来事は実はLが全て仕組んだシナリオ通りの状況でした。
ミサが持ってきたデスノートは、実は偽物で、Lは死んではいませんでした。
実はLは、レムが名前を書くよりも先にデスノートに、自分の本名と死因を記載していたため、この時は死亡しない、つまり、自分の命と引き換えに月がキラであることを証明したのでした。

しかし、Lの最大の誤算は「ワタリの死亡」でした。
唯一心を許せた人物であったワタリの死に大して、死神がワタリの名前を書くことまでは推理できなかったとしてLは嘆きますが、悲しんでばかりいられません。

追い込まれている月は、死神のリュークに、

「こいつらをノートで全員殺せ!!」

とリュークに命令します。
そしてリュークは、その命令に従いノートに名前を書き始めますが、書き終えたノートを見せられた月は驚きます。
リュークがデスノートに書いた名前は、

夜  神  月

そう、月のフルネームだったからです。
そして月に対して、

「言い忘れていたが、デスノートを使った人間は、天国にも地獄にも行けない。死んだあとにあるのは、”無”だ。」

と言い放ち飛び去ります。
やがて、月は心臓発作を起こし、父・総一郎の腕の中で死亡しました。
やがて、デスノート事件は幕を閉じ、キラがいなくなったことで少しずつ犯罪件数が増えてきた日本ですが、そこで起きたことは口外されることはなく、「月はキラに殺害された」という事で収まりました。

そして、事件の謎を解明するために自らの命と引き換えにデスノートに名前を書いたLの元に、総一郎が別れの言葉を言いに来ます。
そして、これまでほとんど表情を見せることがなかったLがニッコリと微笑み、総一郎にお礼を言います。
総一郎は、Lに敬意を表しその場を後にします。

やがてLは、静かに命を終えます。
傍らには、優しく微笑むワタリの写真が・・・

ここで、デスノート the last nameは、終わります。

デスノート the Last nameの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド
WOWOW 配信中
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME 配信中
Amazonプライムビデオ 配信中

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.