\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

邦画

怒りの動画配信が見放題!

投稿日:

怒りのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

八王子の閑静な住宅街で、惨殺された夫婦の遺体が発見された。
しかし、犯人逮捕につながる有力な情報が得られないまま1年が経過してしまう。
千葉、東京、沖縄では、それぞれ素性が分からない謎の少年が現れて以来、周囲の人達に疑念を抱かせるようになり・・・

映画「フラガール」でお馴染みの李相日監督がメガホンを取り、芥川賞作家の吉田修一のミステリー小説「怒り」を同盟で映画化。

上映日:2016年9月17日

出演者:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子 ほか

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

東京都八王子で起きた夫婦殺害事件。
現場となった家は、血で染まり、夫婦の遺体は浴室に入れられていた。
大量の血痕と、凶器と思われる包丁が落ちていた場所。
そのドアには、血液で大きく「怒」と書きなぐられていました。
捜査の中では指紋が発見されていたものの、有力な情報がなく犯人逮捕に繋がらないまま事件発生から1年が経過しており、犯人が整形手術を受けて逃げているとも考えられていたことから、整形後、女装姿などの写真も公開されていました。
テレビでは、この未解決事件を特番で取り上げ、視聴者からの情報提供に警察も期待していました。

ある日、千葉県では、家でをして数ヵ月経過した頃、愛子が働いている新宿・歌舞伎町の風俗店に父親が現れました。
酷く疲れていた愛子は、まともに起き上がることが出来ませんでしたが、そんな愛子の様子を見た父親の洋平は、怒りを出すことはなく、寧ろ疲れ切っている愛子を心配して、すぐに自宅のある千葉の港町へと戻るのでした。

愛子の不在中に、ひとりの男が洋平の働く漁港に住み着いていました。
その男は「田代」と名乗り、各地を転々として暮らしている素性の知れない男でした。
しかし、田代はよく働くことから、洋平は少し信頼していました。
そのうち、愛子はこれまで作っていた洋平の弁当と一緒に、田代の弁当も作るようになっていましたが、洋平はそれを優しく見守ることが出来ませんでした。
少し信頼を置いていた田代とはいえ、素性が知れないため、信用しきれていないのです。

ある夜、ゲイが集まる「ハッテン場」へ、優馬がやってきます。
暗がりでひとり膝を抱えて座っている男を見つけた優馬は、その男に覆いかぶさり、暗闇で激しいセックスをした後、2人はその場を離れてラーメン屋へと立ち寄りました。
優馬は、名前も知らないその男に惹かれ、彼に質問をぶつけます。
何歳なのか、どこに住んでいるのか、何の仕事をしているのか・・・男は、優馬の質問には答えません。
そんな中、男がふとテレビを見上げると、1年前の八王子殺人事件の特集。
暫くその特集を見たあと、男は「働く場所を探している」といいました。

優馬は、行くところがないのであれば・・・と、自分の部屋へと招きました。
男の名前は「直人」。
直人は、それ以来優馬の部屋に住み着くようになりました。
とても不思議な男で、持ち物も仕事もない、こんな時代なのに携帯も持っていない、そもそも直人が何者なのか、何もわからない直人でしたが、そんな直人に次第に惹かれていく優馬でした。

母親の都合で沖縄へとやって来た泉。
地元の男の子の辰哉にお願いして、人も何もない無人島へ連れて行ってもらう。
無人島に到着すると、泉はひとりで奥へと進んでいくと、美しい木々砂浜が広がる美しい景色が広がる中に、廃墟がありました。
泉は、恐る恐る足を踏み入れてみると突然、頭上の人影が。
驚き腰を抜かしてしまった泉でしたが、彼女の前に現れたのは、泉たちより先にこの無人島へ訪れていたバックパッカーの田中と名乗る男でした。
田中は、数日前にこの島の廃墟へ来たといい、泉が立ち去る際、ここにいることは誰にもいわないでと言いました。

翌日、泉はまたあの無人島の廃墟にいました。
田中に興味惹かれたのか、それ以来2人の距離が縮まっていきます。
田中は、日雇い労働をしながら各地を転々としている男でした。
そんなある日、いつものボートで無人島へ連れて行ってくれていた辰哉にデートに誘われた泉は、一緒に沖縄本島へ来ていました。
辰哉と一緒に商店街を歩いていると、ひとりの見覚えのある男を見つけました。

場所は変わって千葉の漁港。
愛子と田代の仲は、日に日に深まっていました。
2人は、近くのアパートで一緒に暮らそうと考えていると洋平に伝えますが、田代に対する不信感が大きくなっていく洋平は、以前田代が話していた過去を探ろうと、漁港に来る前に働いていたという軽井沢のペンションに向かいました。
そこで分かったのが田代の「名前」でした。
田代は、ペンションで働いているときは、違う名前を名乗っており、その事実を愛子に話すと、愛子は身体を震わせながら田代の過去を話し始めました。
田代は、両親の借金を背負わされていると愛子がいいます。
その借金取りから逃れようと、名前を変えて各地を転々としているというのです。
洋平は、田代に違和感を感じつつも、娘の言葉を信じようと2人の同棲を許し、やがて2人は同棲を始めるのでした。

ある夜、洋平がテレビを見ていると、ある事件の特番が始まります。
それは、1年前に東京都八王子で起きた夫婦殺害事件で、犯人の新しい情報が公開されてあというもの。
テレビに映る防犯カメラ映像を見た洋平は、目を疑います。
田代に似ていたのです。

場所は東京。
直人と暮らし始めて以来、優馬は少しずつ変わっていきました。
これまでの優馬なら、自分に深入りされるのが嫌でした。
ある日、優馬は直人を連れて母親が入所しているホスピスへと向かいました。
優馬の母親は、末期がんに侵されており、ほとんど寝たきりで移動は車いす。
直人はすぐに、優馬の母親と打ち解けました。
仕事がまだ見つかっていなかった直人は、優馬が働いている間、施設に来て優馬の母親の話し相手をするようになりました。

それから暫くしたある日、優馬の元に施設から電話が入ります。
慌てて施設へいくと、優馬がひざをかかえるようにして廊下に座っていました。
優馬の母親は、亡くなってしまったのです。
葬式の際、直人の出席を拒んだ優馬でしたが、そのことは申し訳ないと思っていましたが、古くからの友人も参列する母親の葬儀に、直人との関係をどう話せばいいか分からなかったため、直人の葬儀への参列を断ったのでした。

優馬は、友人から電話である話を聞かされます。
優馬の友人2人の家に相次いで強盗が入ったというのです。
その話を聞いている最中、通りかかったカフェで直人が女性と楽しそうに話しているのを見つけます。

場所は戻って沖縄。
商店街で見覚えのある顔を追いかける泉は、彼の名前を大きな声で叫びました。
2度目で気付き振り向いたのは、無人島で会った田中でした。
珍しく本当に訪れていた田中と共に、泉と辰哉は居酒屋へ入ります。
そこで泡盛を呑んだ辰哉は、すぐに酔いつぶれてしまい、残る泉と田中は楽しくお喋りをしながら盛り上がりました。

最終フェリーの時間もあり、泉は田中と別れます。
酷く酔っていた辰哉は、ふらふらっとどこかへ。
泉はその後を追いかけていくうちに、米兵が集まる路地へ入っていきますが、路地を抜けたところで突然、何者かに口を塞がれた泉は、そのままレイプされてしまいます。
泉は叫び声をあげますが、夜の公園に虚しく響くのみ。
何もできないまま、辰哉はその様子をただ見ているだけでした。

誰かが「ポリス!ポリス!」と叫びました。
その声を聴いた米兵たちは慌ててどこかへ逃げ去っていきます。
その様子を見て辰哉は、すぐに泉の元へ駆け寄り携帯を手にしますが、「警察は呼ばないで、誰にも言わないで」と力なく訴える泉に従いました。

場所は千葉県。
八王子の夫婦殺害事件の特番を見てからというもの、田代に対する疑心が日に日に大きくなる洋平。
洋平は、そのことを知り合いの明日香に相談したところ、愛子にもその話が伝わってしまいました。
そんなある日、町の掲示板に貼られている指名手配犯の写真をじっと見つめる愛子を洋平は見つけますが、愛子は田代を少しも疑っていない様子でした。
しかし、別の日のある雨の日、傘も差さずに愛子がやってきます。
警察に通報したというのです。

通報を受けやってきた警察の北見によって、愛子の自宅が調べられることに。
しかし、愛子の部屋で採取した指紋と殺人現場で発見された指紋が一致しないと聞いた洋平はその場に座り込み、愛子は泣きじゃくります。
疑っていた相手は、殺人犯ではなかったのです。
そこへ、行方が分からなくなっていた田代から電話が。
愛子は急いで東京駅まで田代を迎えにいきました。

その頃優馬も、1年前の夫婦殺害事件のニュースを見ていました。
テレビでは、犯人の特徴として「顔に縦に3つ並んだほくろ」が映っていました。
実は、直人の顔にもそのほくろがあります。
そして先日見かけた女性と会っていたことについて何も話さない直人に対する疑心が生まれ始めていましたが、ある日を境に直人が姿を消してしまいます。
電話をかけても出ない、家にも帰ってこない・・・優馬と直人の距離が離れ始めていたとき、優馬の元に警察から電話が。

「藤田優馬さんですね?大西直人さんをご存じですか?」

この時点で恐怖を感じた優馬は思わず、知らないと言って電話を切ります。
これまで直人が使っていた洋服などを次々とゴミ箱に捨て、暫くしてから以前女性と一緒にいた直人を見かけたカフェへ。
そこには、あの日直人と親し気に話していた女性がいました。
優馬はその女性に声をかけ「直人はどこにいるのか」と取り乱しながら質問します。
そんな優馬をみた女性は、優馬を落ち着くようなだめながらひとまず椅子に座らせます。

自分は直人と同じ施設で育った兄妹のような関係であると、女性はゆっくりと話し始めました。
また、以前から心臓の弱い直人が公園で倒れているのが発見されたこと。
そして直人がそのまま亡くなったことを聞いた優馬は、直人を信じることが出来なかった自分を悔やみ、泣きながら女性の元を去りました。

場所は沖縄。
辰哉の住む民宿で働いていた田中。
人柄もよく頼りにされていた田中でしたが、ある日大きな物音に気付いた辰哉が民宿の食堂へ行くと、フライパンを持った田中が厨房や食堂を荒らしており、そのままどこかへ逃げていきました。

辰哉は、何が起きているのか分からずにいましたが、彼の行く場所は検討がついていました。
そう、あの無人島の廃墟です。
辰哉はひとりで廃墟へと向かうと、ハサミで自分の顔を切りつけている田中の姿がそこにはありました。
物音で辰哉に気付いた田中は、いつものように辰哉へと近づきましたが、次の瞬間、ハサミで壁を引っ掻き始めます。

その引っ掻き傷で出来たのが「怒」という文字。

そして辰哉に掴みかかると、ある話を始めます。
この前の泉に対する米兵たちの強姦事件。
田中に笑いながら「陰で見ていた」と言われた辰哉は、田中のことを信用しきっていたため、田中が落としたハサミを拾ってそのまま田中の腹を刺しました。

ひとりの男が、夫婦殺害事件とは別件で、警察に取り調べを受けていました。
その男は「犯人(田中)と働いていた」といいます。
ある日、田中はある現場へ派遣されたといいますが、指定された場所に行っても現場が見つからなかったため、上司に電話。
すると「それは前の日の現場だ」といわれてしまいますが、それが上司の嫌がらせであることに気付いた田中は、汗だくのままある家の前に座り込みました。

するとそこに運悪く、その家の女性が帰宅。
汗だくの田中に優しくした女性でしたが、当の田中は「見下された」と思い、優しくしてくれた女性を殺害。
その後に帰ってきた女性の旦那も殺害。
それが八王子夫婦殺人事件の真相でした。

そして後日、その事件の容疑者である田中を殺害したとして、沖縄県に住む少年が逮捕された・・・というところで、この話は終わります。

怒りの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAY TV
Rakuten SHOWTIME 配信中
Amazonプライムビデオ

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.