\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

洋画

ボヘミアンラプソディの動画を配信しているサイトはどこ?どんな映画?

投稿日:

ボヘミアンラプソディのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

世界中を熱狂させた伝説のバンド「クイーン」の光と影を、クイーンの名曲と共に描いたミュージックドラマ映画。
舞台は1970年、ライブハウスに通う若者・フレディは、ボーカルが脱退したバンドに自らを売り込んでバンド「クイーン」を結成。
それからというもの、彼らは革新的な挑戦を続けていき、次々とヒット曲を世に誕生させていく。
しかし、そんな華々しい栄光の影で、次第にフレディーはメンバーと対立するようになり、やがて孤独を深めて行ってしまう・・・

フレディの複雑な生い立ち、自分の容姿へのコンプレックスを抱えていたフレディ・マーキュリーの等身大の孤独がつづられた今作品。
ラストの21分間では、深い悲しみを乗り越え、そして勝利を手する達成感を見ている人に与えてくれる圧巻のシーンが最大の見どころです。

上映日:2018年11月2日

出演者
(フレディ・マーキュリー) ラミ・マレック
(メアリー・オースティン) ルーシー・ボーイントン
(ブライアン・メイ) グウィリム・リー
(ロジャー・テイラー) ベン・ハーディ
(ジョン・ディーコン) ジョー・マッゼロ
(ジョン・リード) エイダン・ギレン
(ジム・ビーチ) トム・ホランダー
(ポール・プレンター) アレン・リーチ
(レイ・フォスター) マイク・マイヤーズ
(ジム・ハットン) アーロン・マカスカー

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

あるライブの終了後、ポールはフレディーにソロデビューのオファーが来ていることをリードに話します。
その場にはメアリーもいて、フレディーは大喜びする一方で、メアリーが新しい恋人・デイヴィッドを連れてきていることに戸惑いつつ、メアリーが指輪を外していることにもショックを受けていました。

帰りの電車の中で、リードはポールに頼まれた通り、400万ドルという多額の契約金でソロデビューを果たしてフレディは「バンドを解散しろとでもいうのか」と激怒。
リードは、ポールに救いの手を差し伸べますが、ポールはシラを切り通すのでした。

フレディは、怒りに任せてリードに解雇宣告をし、その場で車から降りるように命じますが、リードは車を降りてから「裏切者は他にいる」といい去っていきました。
フレディは、「バンドは家族だ」とポールに言います。
ポールは、カトリック教徒でゲイだったこともあってか、フレディが抱えている孤独を理解できるよと声をかけてあげるのでした。

リードを勝手に解雇したことをロジャーからせめっられるフレディ。
フレディは、マイアミを新しいマネージャーに任命、そして新曲を「ディスコ調の曲にする」と宣言しました。
「ディスコはクイーンらしくない」といってロジャーは反対しますが、「クイーンらしさは俺が決める」といいフレディはロジャーの言葉を跳ね返しました。
ケンカを止めようと、ブライアンが間に入るもののヒートアップした2人を止めることが出来ません。
するとジョンが、3人の前で印象的なベースラインを引き始めました。
それを聞いたブライアンが「いいリフだな」と食いついてきました。
それを聞いたジョンは「ケンカをやめたらもっといい曲が出来るぞ」と言いました。
こうして完成したのが「アナザーワン・バイツァ・ダスト」でした。
アナザーワン・バイツァ・ダストは、その後全米で大ヒットを飛ばすことになる1曲でした。

フレディがポールと一緒にゲイコミュニティに入り浸っていた頃、同性愛者の間ではAIDS(後天性免疫不全症候群)が流行していました。

【日本のAIDSについて】
日本では、1985年に国内で初めてAIDS患者が確認され、1989年2月17日に「後天性免疫不全症候群の予防に関する法律」が出来ました。
1989年当初は、大半が凝固因子製剤が原因での感染、いわゆる「薬害エイズ事件」でした。
日本での新規HIV感染者数は、世界でも少ない水準ではあるものの年々増加傾向にあり、日本人患者及び感染者については、同性間性的接触(特に男性同性愛)による感染が多く見られる。
次に異性間成功による感染ですが、静注薬物乱用及び母子感染によるHIV感染については少ないがゼロではない。

ある時、クイーンは新作アルバムを発表しました。
その記者会見の際、フレディはマスコミから、音楽とは無関係の質問をされたり、フレディがコンプレックスを抱いていた出っ歯を指摘されたことで気分を悪くしてしまいますが、更には女性記者からセクシャリティについてしつこく質問されたため、混乱状態になったフレディは、乱暴な返答をしてしまいました。
その後、メアリーの声が聴きたくなったフレディは、メアリーに電話をしますが繋がりませんでした。

クイーンのメンバーは、「ブレイク・フリー」のビデオで女装姿を披露したものの、これがアメリカで問題視されてしまい、放送禁止になる事態に。
おまけに、「ゲイ」だの「変態」だのと世間からバッシングを受けてしまったフレディは傷つき、メンバーの前で自分を責めるのでした。

ここでフレディは、400万ドルでソロデビューの話が来ていることを仲間に初めて明かします。
しかしフレディは、バンドを解散するつもりはないことを伝える一方で、アルバムをリリースしたらツアーをするといった一連の流れに飽きてしまったといった不満も漏らしました。
そんなフレディを見たメンバーは「バンドは家族だ」と言いますが、その言葉にフレディは、語気を強めながら、

「お前たちには本当の家族がいるじゃないか」

と言いました。

ロジャー「お前を拾ってやったのに!」
フレディ「俺がいなかったらロジャーはただの歯医者だ。ブライアンは天体学者でディーガ(※ジョン)は何も思い浮かばない。」
ロジャー「君が思っている以上に、君には俺たちが必要だ。」
フレディ「誰も必要ない。」

こんなやり取りをした後、フレディは一人、部屋を出ていきました。
やがてソロデビューを果たしたフレディ。
2枚目のアルバム制作に力を注いでいました。
楽曲を褒めてくれるポール、クソだと評するフレディ。
この頃、フレディは薬物依存の状態ながらも楽曲製作に勤しみ、夜はポールが連れてくるゲイ仲間とパーティーをする日々を続けていましたが、AIDSに感染していたフレディは、日に日に体調が悪化、遂にはノドにも血が混ざり始めてしまいました。

メアリーは、フレディを心配して電話をしますが、いつも出るのはポールでフレディと話すことが出来ませんでした。
一方フレディは、あの夜に出会ったジムのことを忘れることが出来ず、電話帳を開きジムの住所を探したものの「ジム・ハットン」という名前の人物は、ロンドンには腐るほど存在していました。

ある日、マイアミからポールの元に連絡が。
「アフリカ難民を救済すべく20世紀最大のチャリティコンサート『ライブエイド』に出演して欲しい」
という出演オファーがクイーンに来ているといった内容でした。
ライブエイドは、イギリスにある「ウェンブリー・スタジアム」とアメリカにある「JFKスタジアム」で行われ、衛星中継で全世界に放送されるという、大変な大規模なコンサートでした。
しかし、ポールはこのことをフレディにあえて伝えずにいました。

ある日、フレディが咳き込みながら自宅で寝ていると、そこへメアリーが訪ねてきます。
そこでメアリーは、ライブエイドの話をポールにしました。
そこで初めてフレディは、ライブエイドのオファーが来ていることを知り、ポールから何も聞かされていないことに戸惑っていました。
しかし、アルバム制作に毎日忙しい自分を気遣ったポールがあえて言わなかったのだと言い、ライブエイドには出演しないと言いました。

フレディーは、メアリーに「一緒にいて欲しい」と言いますが、メアリーは妊娠しており、そのことを知ったフレディはショックを受けました。
そこへゲイ仲間を連れて帰宅してきたポール。
メアリーは、「あなたが父親のように声を出せなくなる夢を見た」と言い、フレディの家を後にしました。
それを追いかけるフレディ、自分の孤独をメアリーに伝えますが、

「あなたはメンバーや私から愛されている、でもポールはそうじゃない。」

とメアリーに言われメアリーは今度こそフレディの家を後にするのでした。
その後、フレディは「なぜライブエイドのことを言わなかったのか」とポールに聞きますが、ポールは「君が忘れているだけだ」とフレディのせいにしてシラを切りました。
そんなポールを見たフレディは「お前はハエだ!」、「二度と顔を見せるな」と罵り解雇しました。

その後、ポールはテレビに出演し、フレディが不特定多数の男性と関係を持っていたことを暴露。
フレディは、マイアミに電話をかけて、メンバーと話し合いの場をセッティングして欲しいと要求します。
当日、マイアミ立ち合いの元、遅れてやってきた3人に謝罪するフレディ。
ソロでの仕事はイエスマンばかりでいい楽曲が作れなかったといい、

「俺には君たちが必要で、君たちにも俺が必要なはずだ」

と言うと、ブライアンは、フレディに一旦席を外すよう伝えました。
フレディ抜きで話し合いをした3人は、今後は誰が作った曲も名義を「クイーン」にして、ギャラは当分することを条件とし、やっとフレディと和解することが出来ました。

こうして、紆余曲折ありながら再始動したクイーン。
マイアミは、改めてライブエイドの話を持ち掛けてきました。
ブランクを気にして大舞台に上がることに抵抗を感じていたロジャーでしたが、そんなロジャーにフレディは「出演しなければ死ぬまで後悔する」と断言。
その言葉を聞いたメンバーは、ライブエイドへの出演を決めました。

その後、体調不良が続くフレディは病院へ。
そこで、自分の身体を蝕んでいた病気が告知されます。
医師は「有効な治療法はないが力は尽くす」といいます。
何をどうすればいいか分からないフレディは、診察を終えて老化を歩いていると末期患者らしき青年が、フレディのコール&レスポンスである「エーオ!」とフレディに小声で言ってきました。
それを見たフレディは、「エーオ!」と返し、病院を後にしました。

ライブエイドまで一週間を切ったある日、練習中にフレディがのどの痛みを訴えました。
練習を中断し様子を見ていましたが、そこでフレディはメンバーに「AIDS感染している」ことをカミングアウトしました。
3人はとても驚き、ジョンは涙を流します。
しかしフレディは、そんなメンバーを見て、

「僕を哀れんだり退屈させないで欲しい。ステージに立つために生まれてきたのがフレディ・マーキュリーなんだ」

と誇らしげに言いました。
ロジャーが「君は伝説だ」と言うと、フレディーはすかさず「僕たちがね」と言い、本番までに必ずノドのコンディションを整えると約束し、4人で円陣を組みました。

いよいよ迎えたライブエイド当日、フレディは自分の家で鏡の前で発声練習をしながら、見ていた猫に「俺の力はこんなもんじゃないって?」と話しかけました。
テレビでは、ライブエイド主催者のボブ・ゲルドフが「100万ドルの寄付を目指している」と話していました。

ライブの前、フレディはやっと見つけたジムの家を訪ねます。
ジムに文句をつけるとそのまま実家へ連れていくと、家族の前でジムと手を繋ぎ「僕の友達だ」と紹介します。
フレディは、これからチャリティコンサートに出演することを伝え、父親に「父さんが言っていた”善い行い”だよ」と言います。
感激した父は、フレディと抱き合い、会場からは母親に向けてキスを送ると約束をしたのでした。

ウェンブリー・スタジアムに到着して、みんなで出番を待っていると、そこにデイヴィッドを釣れたメアリーが。
フレディは「新しい恋人だよ」といってジムを紹介しました。
その頃、マイアミは、ライブエイドのPAルームにおり、外音を調節するミキサー担当によって貼られていた「触るな」と書かれたテープを無視し、これから出番を迎えるクイーンのために、音量を勝手に上げていました。

ここで、冒頭のシーンと繋がり、フレディは大観衆の前に飛び込んでいきます。
フレディの後ろにはメンバーの姿も。

一曲目で「ボヘミアン・ラプソディ」を披露。
フレディは、約束通り、歌の途中でカメラに向かって、カメラの向こうにいる母親にキスを飛ばしました。
ブライアンのギターソロまで終わると、二曲目にロジャーが製作した「レディオ・ガガ」を披露。
フレディがステージの上で水を得た魚のようにイキイキとパフォーマンスしている姿を、メンバーも嬉しそうに見つめながら演奏しています。
舞台袖からは、メアリーとジムもステージを見守っており、マイアミもまた、スタッフと一緒に笑顔で手拍子をしていました。
また、フレディの自宅でも、猫たちがつけっぱなしのテレビの中のフレディを見つめていました。

一方、舞台裏ではクイーンが登場してからというもの、寄付の電話が殺到し、あっという間に100万ポンドもの寄付金が集まりました。

「レディオ・ガガ」の演奏を終えると、観客に向かってフレディが「エーオ!」と叫ぶと、観客からも「エーオ!」という声が。
暫くコール&レスポンスをして楽しみます。
やがて3曲目に、ブライアンの手掛けた「ハマー・トゥ・フォール」を披露、開場は更に熱気に包まれクイーン一色に染まっていました。

ラストの披露したのは「伝説のチャンピオン」。
会場にいる全ての観客が「俺たちは勝者だ!」と熱唱、フレディの家族もテレビからその様子を見守っていました。
演奏が終わると、クイーンは全員でステージの中央へと集まり、観客へと大きく手を振ります。
フレディは、

「お別れだ!愛してる!」

と大声で叫ぶと、メンバーの方を振り返って3人を見つめます。
そして、みんなでステージを去っていきました。

時は流れ1991年11月24日。
フレディは、ケンジントンにある自宅でAIDSによる肺炎で45歳という若さでこの世を去りました。
フレディは、亡くなるまでジムと人生を共に生き、メアリーとは良き友人でいました。
フレディが天国へ旅立ってから、「マーキュリー・フェニックス財団」が設立され、現在でもAIDSと戦う人々を支援する活動が行われています。

映画のエンドロールでは「ドント・ストップ・ミー・ナウ」と「ショー・マスト・ゴー・オン」が流れ、ボヘミアン・ラプソディは終わります。

ボヘミアンラプソディの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAYA TV 配信中
楽天TV 配信中
Amazonプライムビデオ

-洋画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.