\今すぐ動画を無料視聴する/

様々なジャンルの作品を配信、コミックの配信も人気のサイトを厳選紹介。

  • 海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。→公式サイト:Hulu
  • 映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。→公式サイト:U-NEXT

洋画

アイ・ソー・ザ・ライトを配信!見たい時に見放題!

更新日:

アイ・ソー・ザ・ライトのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

1940年代、アメリカではカントリー・ミュージックの新鋭ハンク・ウィリアムズは、その才能を買われて充実した日々を送っていました。
彼が愛していた女性歌手オードリーは、自分の未熟さにめげる事なく、ハンクと一緒に舞台に立って、彼と同じくらいの評価をするよう、ハンクの母リリーに要求したことで嫌われていました。

ある日オードリーは、ハンクの赤ちゃんを妊娠していることを知ります。
これがきっかけで、ハンクの家庭にも温かい雰囲気が満ちたものの、そんな平和な中で、ハンクが「グランド・オール・オプリ」という、ソロミュージシャンの登竜門といわれているラジオ番組のオファーを受けたことから、その名を絶対的なものとします。

有名人になったハンクは、寝る間もないほど毎日忙しく仕事をしますが、そうなればなるほど、家族の絆はどんどん失われていくのでした。
ハンクは、孤独の中で酒と女遊びに溺れてしまいます。
かつて愛したオードリーへの気持ちもすっかり冷めてしまい、お互いの心の距離も離れてしまい、やがて二人は離婚します。

離婚後、ハンクはビリー・ジーン、ボビーといった女性達との関係を深めていくほか、自身の評価も高くなっていきますが、一方で、ハンクの身体と精神は、やがてアルコールに蝕まれていくこととなり、やがて、移動のために使用した自動車によって、若くしてその命を終わらせるのでした。

この作品は、圧倒的な人気を博しながら29歳という若さでこの世を去ったハンク・ウイリアムスを主人公に描かれた映画です。
ハンクがどのようにして人生から転落していくのか、その人生描写がこの映画の見どころではないでしょうか。
また、劇中でハンクが歌うシーンですが、これはハンクを演じるトム・ヒドルストン本人が全て歌っているので、歌のシーンもぜひ堪能してみてください。

上映日:2015年9月11日
第40回トロント国際映画祭にてプレミア上映
(アメリカ合衆国では、2016年3月25日に一般公開)
原題は「I Saw the Light」
上映時間:123分(2時間3分)

出演者

トム・ヒドルストン(ハンク・ウィリアムズ役)
エリザベス・オルセン(オードリー・ウィリアムズ役)
チェリー・ジョーンズ(ジェシー・リリーベル・”リリー”・スキッパー・ウィリアムズ役)
ブラッドリー・ウィットフォード(フレッド・ローズ役)
マディー・ハッソン(ビリー・ジーン・ジョーンズ役)
レン・シュミレット(ボビー・ジェット役)

声優:平川大輔、行成とあ、磯辺万沙子、羽野だい豆、堀井千砂(英語版)、中山まどか(英語版)

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

ここからは、ネタバレを含みます。

1950年後半に、「キング・オブ・カントリー」などと称され圧倒的な人気を博しながらも29歳という若さで亡くなったカントリーシンガー「ハンク・ウィリアムス」の波乱の生涯を描いた物語です。

ハンクを演じるのは、トム・ヒドルストン。
作品中で歌を歌うシーンは、トム自身が全て歌っています。

あらすじとしては、才能のあるカントリーシンガーハンクが、若くしてスターの座を手に入れるものの、浮気心から、シンガーとしては実力不足ともいえる女性オードリーと結婚します。

子供も授かり、一見幸せが訪れたように見えたハンクですが、カントリーシンガーとしての名声が上がれば上がるほど、家族との絆が薄れていってしまいます。
挙句の果てには、妻以外の女性と関係を持ったり、愛人に子供を産ませたり、やがてアルコールに溺れて、移動中の自動車の事故によって29歳でこの世を去ります。

トム・ヒドルストン、とっても歌がお上手です。
本人が歌っていると分からなければ、他に吹き替えたのだと誰もが勘違いしてしまうかもしれません。
また、トムが演じるハンクは、何ともいえない人間臭さがあり、それでいてとてもかっこいいので、モテる理由が分かるなーと納得できる一方で、女性なら「こんな男にだけは絶対にひっかかりたくない」と思ってしまうタイプの男性でもあります。

そのハンクを、トムは完璧なまでに演じています。
この作品を見るまで、ハンク・ウィリアムスという人がいたことを私は知りませんでした。
他にも、この作品で「ハンク・ウィリアムス」の存在を知る人もいるかもしれませんが、伝記もの映画という感覚で見るとまた楽しめます。
個人的な感想としては、よく言えば「見やすい映画」ではないでしょうか。
物語の進み方としては、淡々とストーリーが進んでいく感じで、ハンクが亡くなるシーンも、ハラハラさせられる訳でもなく、結構あっさりめに命を落とします。

アイ・ソー・ザ・ライトの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド
WOWOW
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME 配信中
Amazonプライムビデオ 配信中

-洋画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2019 All Rights Reserved.