YoutubeやTVerなどで無料動画探しに疲れている方へ

騙し動画、広告視聴、配信期間終了など、とても時間がもったいないと思いませんか?

様々なジャンルの作品を配信、人気のコミックを定額料金で楽しめる動画配信サイトがおすすめです。

外出自粛の動きが強まっている今だからこそおすすめです。

1ヶ月無料視聴可能です!

U-NEXT→映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。
公式HPU-NEXTお試し視聴の詳細はこちら

Hulu→海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。
公式HPHuluお試し視聴の詳細はこちら

邦画

一週間フレンズ。のネタバレ結末は?動画配信が見放題

更新日:

一週間フレンズ。のストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

 

長谷祐樹は、同級生の藤宮香織に初めて出会った時から恋をしていた。
ある日、祐樹は勇気を出して香織に「友達になってください」と声を掛けたものの、香織に必死で拒まれてしまう。
ショックを受けた祐樹だったが、実は香織は「1週間で友達のことを忘れてしまう」という記憶障害があった。
それを知った祐樹は、それでも香織のそばにいたいと思い・・・

葉月抹茶の人気コミックを実写映画化。
長谷祐樹役に山崎賢人、藤宮香織役に川口春奈を迎えて送る青春ラブストーリー。
1週間で友達の記憶を失ってしまう女子高生の香織と、そんな香織と何度でも付き合い始める祐樹の一途な姿には、つい涙してしまう人も多いはず。
また、スキマスイッチの歌う、リアレンジされた主題歌「奏」も、涙を誘います。

上映日:2017年2月18日

出演者:川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、伊藤沙莉、甲本雅裕、国生さゆり、岡田圭右

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

 

高校1年の春。
長谷祐樹が図書館で浮かれていた。
祐樹は、親友の将吾から、

「良い事をしたがっているのは悪い事をしたがっているのと同じだから犯罪は犯すなよ。」

と釘を刺されながら、辞書のような刺繍を借りていました。
女子生徒の図書カードを拾うと、その匂いを嗅ぐ祐樹。
図書カードに書かれていた「藤宮香織」という名前に運命を感じていた祐樹ですが、その姿を女子生徒に見られてしまった祐樹は、図書カードを奪い取られます。

「そんなつもりじゃなかった。」

と祐樹は言いますが時既に遅し。
将吾は祐樹に、枕にでも使うのか?惜しい?などと言われてしまいました。
そんなこんなで祐樹が電車に乗り込むと、先ほどの女子生徒と目が合ったものの、電車に揺られた祐樹はそのまま眠ってしまいました。

ふと目が覚めると乗り過ごしそうになっていた祐樹、慌てて電車から下りますが、電車の中に本を忘れていたことに気付き、慌てて戻ろうとすると、香織はその本を拾って祐樹にそのまま投げてくれました。
香織の乗る電車を追いかける祐樹、何度も何度もお礼を言います。
これが、祐樹にとって忘れられない金曜日となりました。

それから翌週の月曜日。
高校2年生になりクラス替えが行われ、ラッキーなことに祐樹は香織と同じクラスになりました。
祐樹が下校しようと下駄箱に行くと、そこには香織が。
電車でのことを話して香織と友達になろうとするも無視されてしまう・・・また、屋上で1人お弁当を食べようとしていた香織を追いかけますが、ここでは祐樹のお弁当がこぼれてしまう。
それを見た香織は、さすがに祐樹を不憫に思い自分のお弁当を分けてあげました。

「藤宮さんの家の卵焼きは塩辛いんだね、ごはんが進むな。」

なんて祐樹が話かけますが、香織は特に反応を示すことなくどこかへ行ってしまいました。
香織が日直のときは、ノートを運ぶのを手伝ったりするものの、ノートを忘れてしまったクラスメイトの伝言も「自分で伝えて」と素っ気ない態度を取るばかり。
それでもめげずに香織に何かと絡む祐樹でしたが、その姿が目立ったのか、井上先生に職員室に呼び出されてしまうのでした。

買い物の帰り、香織の母親が迎えに来ます。
病院での定期健診を受けるためです。
香織は、ESPカードを見たり、数字を足して計算したり、CTを撮るといった検診を定期的に受けています。
職員室に呼び出された祐樹でしたが、

「藤宮香織は解離性健忘(記憶喪失)がある」

という話を井上先生から聞かされました。
香織は、家族以外の記憶が1週間、つまり金曜日までの記憶は翌週には消えてしまうという解離性健忘症を抱えていたのでした。
それを聞いた祐樹は、最初は戸惑いを見せてその話も信じようとしませんでしたが、見守るフリをしてラクするよりも香織を支える方を選びました。
木曜日になると祐樹は「交換日記」を思いついて委員長の紗希を誘って放課後にノートを買いに出かけます。
紗希は祐樹と仲が良く、しょっちゅう世話を焼いているので良い意味で遠慮のない仲。
紗希は最初、自分のものと勘違いしてアニマル柄を勧めるものの、祐樹はドット柄を選び一緒にペンも買いましたが、紗希をそのまま置いて帰ってしまいます。

翌日の金曜日。
祐樹は香織に、

「友達が難しいなら交換日記を始めませんか?」

と、ノートとペンを渡します。
そんなやり取りがあり放課後に香織を迎えにきた母親。
香織は母親に「交換日記をしたことある?」と聞きます。
それを聞いた香織の母親は、懐かしいなと思うのですが、香織はまた記憶がなくなってしまうことから、新しい経験をしても返って香織が傷つくだけだと考えていました。
すると、前の学校のクラスメイトだったまゆが。
香織には記憶がないため、母親はその場をのらりくらりと交わして帰りました。

祐樹の交換日記を見る香織。
それを呼んで今週と先週の祐樹の行動を知って、アルバムを引っ張り出すと、今日会ったまゆと過去にバスケをしていたことを知るものの、全く覚えていません。
今日の出来事もあり心配して部屋に様子を見に来た母親でしたが、何事もなかったかのように香織は振る舞うのでした。

翌週の月曜日。
香織は、祐樹から受け取った交換日記を持って学校に来るようになります、月曜日から金曜日までの記憶を知ることが出来るためです。
この週は、将吾と紗希が金曜日に行われる夏祭りに誘います、金曜日なら香織もその記憶を覚えていることが出来ます。

その週の金曜日、約束の夏祭りの日。
九条はじめという一人の男子生徒が転入生としてやってきました。
はじめは、香織のことを知っている様子ですが、香織はそれに気付きません・・・そのまま約束の夏祭りとなり、浴衣を着て現れた香織の姿に祐樹は見とれていますが、花火の場所を探しているうちに4人共はぐれてしまいます。
その間も無視するような態度を取る香織にはじめが、

「俺の方が恨んでるからな。」

と言います。
その瞬間、事故の記憶が蘇ったショックで香織はその場に倒れ込んでしまいました。
祐樹は佳織の父親から、

「ここ数週間は楽しそうだったが・・・これからの人生もあるから友達を辞めてくれないか・・・」

と頼まれてしまいます。
しかし祐樹は、香織わんに言われない限りは友達は辞めないと反発しました。
やがて意識を取り戻した香織は、はじめの顔を見て、

「・・・はじめくん?」

とつぶやき、それを紗希が聞いていました。
翌朝、香織の元に交換日記を届けにいくと香織の母親に感謝された祐樹ですが、学校に行くと状況を知らないはじめが香織に付きまとっていました。

学園祭の準備が始まると、今度はまゆが学校に・・・香織が人間不信になっているのはまゆも関係している様子です。
実は2年前、はじめが北海道に転校することになったとき香織は、「返事を聞かせて欲しい」とクリスマスに呼び出されていました。
香織が約束の場所に向かっているのを目撃したまゆは、香織に向かって「裏切者!!」と叫ぶと香織はトラックにはねられてしまったのでした。
まゆはその事を香織に謝罪しますが、様子を見かねたはじめはまゆを連れて帰りました。

学園祭では、将吾をはじめのイケメン2人がクレープを焼くことに。
紗希は、はじめがクレープ屋で着る制服の寸法を測りながら香織との関係について質問しますが、はじめはそれを嫌がり話が進みません。
そんな中、学園祭の作業を行いながら祐樹と香織の友情が以前よりも深まっていく一方で、記憶が戻り一番最初に頭に浮かんだのは、あの頃はじめに抱いていた恋心でした。

そんなこんなで学園祭も無事に終わりました。
落ち着いた頃、これまで祐樹が香織にしてきたことを知るはじめ。
月曜日に覚えていないのなら結局覚えていないのと同じだと言いますが、祐樹ははじめに「香織が記憶を取り戻した」と教えてあげます。
祐樹は、香織とのこれまでの交換日記を焼いてしまおうとします。
将吾は、祐樹が一人でそのことを抱え込んで苦悩していたことを知っていましたが、親友の祐樹がなぜ香織と交換日記をしていたのか、その理由までは知らなかったので、処分することを止めるまではしませんでした。
次の月曜日。
香織はいつものように記憶をなくしますが、はじめと付き合い始めました。
紗希は、これまで香織のために頑張っていた祐樹の姿を見守っていましたが、自分の気持ちを祐樹に伝えましたが、振られてしまいます。

春を迎えて3年生になると、香織とはじめが同じクラスに。
祐樹は別のクラスになりました。
これまでしてきた努力が報われることはなかったものの、井上先生は祐樹に「感謝している人もいる」と言葉をかけてくれました。

祐樹は、以前クラスメイトだったことから、香織に「卒業アルバムに何か書いて欲しい」と頼みます。
香織は、絵が上手な祐樹をほめます。
そんな中、香織がいつも使っているペンをいつから使っているのかとはじめが質問しますが、当然香織はそんなことは覚えていません。

ある日、香織が「詩集の返却がまだされていない」ということで図書室に呼び出されます。
しかしこれは、マンガ部の後輩のせいであったため、香織が借りたものではないことがすぐにわかりました。
そんなやり取りをしながら香織がパラパラ漫画を見ると、2年生の頃の祐樹との記憶が蘇ってきました。
今までどうして忘れてしまっていたのか・・・香織は涙を流します。
それをみたはじめが「行けよ」と香織を促すと、香織は素直に「うん」と頷いて祐樹を探しにいきました。

屋上にいる祐樹を見つけた香織、突然現れた香織に驚く祐樹。
香織は、

「これからも記憶をなくすかもしれない・・・それでも・・・」

と言って祐樹に手を伸ばします。
祐樹の香織への気持ちは、1年生の頃から変わっていません。

「藤宮さん、友達になってください!」

こうしてこの物語は終わります。

一週間フレンズ。の動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス 配信中
dTV
フジテレビオンデマンド 配信中
WOWOW
TSUTAYA TV 配信中
Rakuten SHOWTIME
Amazonプライムビデオ 配信中

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2020 All Rights Reserved.