YoutubeやTVerなどで無料動画探しに疲れている方へ

騙し動画、広告視聴、配信期間終了など、とても時間がもったいないと思いませんか?

様々なジャンルの作品を配信、人気のコミックを定額料金で楽しめる動画配信サイトがおすすめです。

外出自粛の動きが強まっている今だからこそおすすめです。

1ヶ月無料視聴可能です!

U-NEXT→映画・ドラマ・アニメから電子書籍まで圧倒的な配信量が魅力。
公式HPU-NEXTお試し視聴の詳細はこちら

Hulu→海外ドラマ、日テレ系が強い動画配信サービスです。
公式HPHuluお試し視聴の詳細はこちら

邦画

海街diaryの動画配信が見放題!

投稿日:

海街diaryのストーリー、こういう所が見どころ、こいうところが人気

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹が、神奈川県は鎌倉にある一軒家で暮らす「海街diary」。
吉田秋生の人気コミックを実写映画化。
「そして父になる」でメガホンを取った是枝裕和監督が、今作でも監督を担当。
鎌倉にある祖母の家で暮らしていた三姉妹、そこへ腹違いの妹の四人姉妹で共同生活をしながら絆を育んでいく物語です。

神奈川県の鎌倉にある祖母の家で暮らしていた、家族思いでしっかり者の長女「幸」、自由奔放な次女「佳乃」、どこか自由でマイペースな三女「千佳」の三姉妹。
ある日、15年前に家族を捨てて家を出て行った父親が亡くなり、その葬儀で異母妹の中学生「すず」と出会います。
父親が他界したことで身寄りを失ったすずに、鎌倉の家で一緒に住まないかと持ち掛け、すずもそれに同意し、四姉妹として暮らすことに。

しかし、そこへ幸たちの母親が現れたことで・・・

上映日:2015年6月13日

出演者:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子 ほか

ネタバレ・あらすじや感想、制作裏話

長女の幸、次女の佳乃、三女の千佳。
鎌倉にある古い2階建ての祖母の家に暮らす三姉妹。

ある日、15年前に家族を捨てて家を出て音信不通だった父親が亡くなったという知らせを受けて、葬儀に参列しますが、そこで腹違いの妹「すず」と出会います。
すずは、三姉妹の父が家族を捨てるきっかけになった、不倫相手の女性との間に出来た子供。
しかし、その妻とも既に離婚しており、葬儀で会ったのは3人目の妻。
すずとは血縁関係にない赤の他人の女性でした。

3人目の妻との間に出来た男の子の世話をするすず、泣いてばかりでなんとも頼りない3人目の妻。
そんな中でも、すずは真っ直ぐ前を見て気丈に振る舞います。
泣いてばかりいる3人目の妻を見かねて、親戚は、すずに喪主をするよう言いますが、「それは大人の仕事です」といって幸が止めに入りました。
すずは、知らない女性が庇ってくれたことに少し驚きます。
結局は、3人目の妻が「自分が喪主をやる」と言い出し、何事もなく葬儀は進みます。

すずは、中学生なのにどこか大人しく落ち着いています。
そんなすずを見た幸は、昔の自分と重ね合わせていましたが、看護師をしている幸は、そんなすずを見て、父の世話をしてきたのは3人目の妻ではなく、中学生のすずだったことに気付きます。

それに気付いた幸は「あなたが父の面倒を見てくれていたのよね」と言って、優しい笑顔で感謝の気持ちを伝えます。
そうして電車に乗り込んだ三姉妹ですが、幸はすずに「私達と一緒に暮らさないか」と提案します。
すずは、最初は戸惑いますが、間もなく「行きます!」と答えました。

幸たちは、「待ってるね」とすずに言って、列車のドアは閉まりました。

そして、鎌倉に来たすず。
幸は、家に入ってきたすずを、これまで読んでいた「すずちゃん」という呼び方ではなく「すず」と呼び捨てにしました。

「今日からは姉妹だから、もうちゃん付けでは呼ばない」と告げると、どこか嬉しそうなすず。
家族として受け入れられ、これまで自分の足で一生懸命立って生きてきたすずにとって、優しいお姉ちゃんが3人も出来たことが嬉しかったのでしょう。

すずは鎌倉の中学校へ転校し、サッカー部に入部します。
元々は人懐こい性格だったようで、新しい環境にもすぐに馴染んでお友達も出来ました。

すずは、幸、佳乃、千佳のことがとても好きで、新しく始まった生活にとても幸せを感じていた反面、自分の存在が姉たちの傷なのでは・・・と、不安を抱きます。

三姉妹は、父親が不倫をして出て行ってしまってから間もなく、母親も家を出ていってしまったため、祖母と一緒に暮らしてきましたが、祖母が亡くなってからは、三姉妹で力を合わせて暮らしてきました。
そんな中、長女である幸は、自分が父親・母親にならなければならないと、看護師になって一生懸命、佳乃と千佳を育ててきました。
しかし、幸は、父親が不倫をして自分達を捨てて出て行ったにも関わらず、実は自分も妻のある男性医師と不倫をしていました。

幸の不倫相手は、幸のことを愛してはいるものの、病気でずっと寝ている妻を見捨てることが出来ず、なかなか離婚に踏み切ることが出来ないのでした。
そんな彼にも、幸は何も文句を言わずに付き合いを続けていました。

次女の佳乃は、信用金庫の受付として働く社会人。
いつもダメな男とばかり恋愛してしまうタイプの女性で、付き合っては傷つけられてを繰り返します。
大学生の「朋章」と付き合っていた佳乃ですが、朋章もダメ男。
お金を貸しても返して貰えなかったり、終いには朋章が強面の男性と一緒に佳乃の銀行に来て通帳を解約させられているところを見てしまったりと散々な恋愛ばかり。

三女の千佳は、スポーツ店で働いていますが、個性的な店長と恋愛をしています。
千佳は、特に不倫でもなければ不幸な恋愛もなく、普通の恋愛ですが、その相手が個性的。
しかし、三姉妹もすずも、表には出さないだけで、4人がそれぞれ心に傷を抱えていたのでした。

ある日、すずを連れて、一番好きな食堂「海猫食堂」に出掛けます。
この食堂は、三姉妹の思い出がある食堂。
「二ノ宮おばさん」は、三姉妹が子供の頃から知っているとても仲良しで優しいおばさん。
その食堂で定食を食べながら、思い出話に花を咲かせる三姉妹と二ノ宮おばさん。
そんな4人を見て、すずも姉たちの思い出を共有できるように。

祖母の七回忌を迎えたある日、これまで音信不通だった母親が現れます。
母親は、札幌に住んでいる「都」。
都は、鎌倉の家に来て、すずに、

「幸はしっかりしててキツいでしょ。私の分もしっかり者になっちゃったの。仲良くしてあげてね。」

といいます。
そんなことを言われてすずは戸惑いますが、これをきっかけに、穏やかだった四姉妹の生活が、徐々に変化し始めます。
都は、四姉妹が住んでいるその家を売りに出したいと言い出したのです。

幸は、母にこの家を売る権利などないと強く言い喧嘩になります。
都は、父親が出て行ったのは不倫をした父親のせい、三姉妹を置いて出て行ったのは、叔母さんに反対されたからだといいます。
それを見ていた叔母は、喧嘩の仲裁に入りますが、幸と都が仲直りをする様子は、ありませんでした。

その夜、幸と一緒に夕食の準備をするすず。
すずは、幸にこう言いました。

「ごめんなさい。うちのお母さんのこと・・・奥さんがいる人を好きになるなんて・・・お母さん、良くないよね。」

と。
幸は、こう返します。

「ごめんね。私達はすずを傷つけちゃったんだね。でも、あれはどうする事も出来ない事で、誰のせいでもないんだよ。」

すずは、三姉妹の幸せな生活を壊してしまったのは、自分の母親のせいなのだと思い、傷ついていたのです。
次の朝、都がおばあちゃんの墓参りに行くと言い出し、幸も一緒にいきます。
そして都は、幸に、

「叔母さんに怒られちゃった。あそこはもう、姉妹の家だね・・・私にとっては息苦しい場所だったけど。」

と言い、幸と都の母子喧嘩は終わり、仲直りをしました。
都が札幌に帰る日、幸は、祖母がまだ生きていた頃に作ってあった梅酒を、お土産に渡しました。
都は、とても喜びます。
自分達を置いて出て行ってしまった都に対して、ずっと傷を負っていた幸でしたが、亡くなった祖母の梅酒を手にして喜ぶ都の笑顔を見て、どこか安心しました。

梅の時期を迎えた鎌倉の家。
庭に大きな梅の木があり、毎年のように梅を取っては梅酒を作っていました。
今年は、四姉妹で作る初めての梅酒。
しかし、すずはまだ中学生でお酒は飲めないので、すず用にと、幸は梅ジュースを作る約束をし、すずは喜びながらそれを楽しそうに手伝いました。

そんなとき、幸がいつものように、男性医師の部屋で一緒に夕食を取っていると、「一緒にアメリカに来て欲しい。女房とは別れる。」と言われますが、幸は手放しで喜べず、佳乃と千佳に相談しますが、その話をすずが偶然聞いてしまいます。

そこですずは、以前幸に「奥さんがいる人を好きになるなんて、お母さん、良くないよね。」と言ったことを思い出し、幸を傷つけたと心配します。
しかし、その心配をよそに、佳乃は、家のころは心配しなくていいと言いました。
その翌日、幸は、祖母から貰った浴衣をすずにあげます。
そして、みんなの気持ちを知った幸は、気持ちの整理がついたようで、男性医師に「一緒には行けない」と、アメリカ行きを断りました。

すずはこれまでずっと、「自分の存在が周りの人達を傷つけてしまっているのでは・・・」と考えていましたが、三姉妹に出会い、鎌倉の家で一緒に過ごしたことで、周りの人達に愛され、その優しさに触れて、少しずつですが、これまでの心の傷を癒すことが出来ました。

四姉妹は、それぞれがそれぞれに心に傷を負っています。
それはとても複雑で、ちょっとした言葉に敏感に反応したり、衝突することもありますが、お互いの傷はお互いでしか癒せないということに気付きます。
普通の生活を送ることで、それが癒されていくということにも気づきます。
やがて、腹違いのすずも、本当の妹のように四姉妹として暮らします。

舞台は変わり、「海猫食堂」の二ノ宮のおばさんが亡くなります。
二ノ宮おばさんの葬儀。
二ノ宮おばさんは、病気で亡くなりました。

四姉妹は、葬儀に参列して、おばさんとの別れを悲しみました。
葬儀の帰り、四姉妹は海岸に行き、波と戯れているところで、この物語は終わります。

この作品で感じ取れることは、「人との心の繋がり」ではないでしょうか。
血の繋がりもありますが、血がつながっていなくとも、心で繋がっていれば本当の家族になれる、心が通い合っていれば誤解も解けていつか分かり合える・・・そんな作品です。

海街diaryの動画が視聴可能なオンデマンド配信サービス

Hulu
U-NEXT 配信中
auビデオパス 配信中
dTV 配信中
フジテレビオンデマンド 配信中
WOWOW 配信中
TSUTAY TV 配信中
Rakuten SHOWTIME 配信中
Amazonプライムビデオ 配信中

-邦画

Copyright© VOD(ビデオ・オン・デマンド)比較!映画ドラマやアニメ動画見放題! , 2020 All Rights Reserved.